春のお彼岸が近付いてまいりました。

春分の日というのが日本にはあります。

春分の日は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」です。

その日は太陽が、極楽浄土があるとされている真西に沈む日です。

その春分の日を中日として、

前後3日間の計7日間の期間の事を、春のお彼岸と呼んでいます。

彼岸というのは、悟りの世界を意味していて、つまり極楽浄土の事をさしています。

お彼岸は、日本独自の行事で、とても大切な期間になります。

そして、お線香をお供えすることは、香煙を通じて、

仏様とお話をすることであると、言われています。

自分の身を清めたり、仏様の食事といった意味合いもあるようです。

食事という意味では、最近のお線香では、

コラボ線香というユニークなものがあって、

お菓子の形をしていたり、

ろうそくでしたら、お寿司やお団子の形のものまであり、

故人の好きだった好物に似せたお供えをするのも、

良いかもしれませんね!

【2018年の春彼岸のスケジュール】

3月18日(日) お彼岸の入り

3月21日(水) お彼岸の中日(春分の日)

3月24日(土) お彼岸の明け

この大切な期間には、お墓やお仏壇に、心をこめた良い香りの

お線香をお供えしましょう。

<<葬儀などのお問い合わせはこちら>>

<<ぐんかんのTop Pageに戻る>>

※ぐんかんは群馬県前橋市、太田市にある「アモート」を運営する老舗葬儀社です。

#ぐんかん #前橋 #太田 #アモート #葬儀 #群馬